jyumin_gr

『住民投票の総て』まもなく刊行!


『住民投票の総て』

いよいよ9月下旬に刊行!

[国民投票/住民投票]情報室は、学者、弁護士、議員、学生、ジャーナリストなど多様な人々で構成されている市民グルーブです。2006年の結成以来、国民投票・住民投票に関わる情報の収集・発信やこの制度への理解を深めてもらうためのセミナーの開催、あるいは国民投票・住民投票の実現をめざす人々への協力、制度改革のための立法府への提言など、私たちはさまざまな活動を展開してきました。そして、そうした活動は沖縄県民投票、徳島市民投票をはじめ各地の住民投票運動に少なからぬ影響を及ぼしています。
そんな活動の集大成ともいえる書籍『住民投票の総て』を2020年9月下旬に刊行します。直接民主制を研究する学者・学生はもちろんのこと《市民自治》に関心を持ち、それを追求する人々(主権者)にとって『住民投票の総て』は必読の書になると確信しています。

目次・内容を紹介する リーフレット ここをクリックしてください。

現在、この書籍の刊行(版組・校正・印刷・製本)に要する資金を確保するためにクラウドファンディングでの支援者を募っています。ぜひお力添えください。
[Readyfor][CAMPFIRE]といったプラットフォーム業者は介さず[国民投票/住民投票]情報室が直接御支援を受け付けます。
本の仕様はA5版440頁+別冊電子版 100頁。

クラウドファンディング ここをクリックしてください。

・募集締め切りは2020年8月20日。獲得目標は150万円。 刊行(組版・校正・印刷・製本)および宣伝にかかる経費だけで約300万円かかります。これには、二十数年におよぶ調査・取材費や原稿料(600万円ほど)は含まれていません。
・初版の刷り部数は700冊で、販売するのは420冊のみ。あとの280冊は調査、執筆などに関わったスタッフへの報酬(要するに現物支給)として、あるいは取材に応じてくださった方々など協力者への謝礼としてお渡しする分です。なお既に157冊の購入予約が入っていますので販売可能な数は263冊です(8月6日現在)。

住民投票の総て・カバー20190403_03