戦争、軍隊、この国の行方 PRフライヤー画像

『戦争、軍隊、この国の行方-9条問題の本質を論じる』

 「憲法9条は戦力保持や自衛戦争を認めている…」

そうした解釈を肯定する人が[護憲・改憲]両陣営に蔓延しています。そんな人たちの9条議論は問題の本質から外れた欺瞞的なもの。
このままでは「9条・国民投票」で条文護持派・改変派のどちらが多数を制しても自衛戦争容認の解釈改憲は続き、国民主権と立憲主義の形骸化は是正されません。

「自衛なら戦争するのか」「自衛でも戦争はしないのか」

──政府ではなく一人ひとりの国民がそれを考え議論して答えを出し、その意思を憲法や法律に反映させる。私たちには主権者としてそれを行う権利と義務があります。
この本を読んだあと、家族や友人らと語り合い、あなた自身の主権者としての答えを出してください。


第1章
九条問題の本質とは何か

第2章
パネルディスカッション
「九条問題の本質。そして、その抜本的な解決を論ずる」の採録

伊藤 真(弁護士、伊藤塾塾長。日本弁護士連合会・憲法問題対策本部副本部長。日本国憲法の理念を伝える伝道師として、精力的に講演・執筆活動を行う。著書に『憲法の力』『やっぱり九条が戦争を止めていた』など)

吉田栄司(関西大学法学部教授。「九条の会・おおさか」事務局長。九条の本旨は「どんな戦争でもしない、戦力を保持しない」であるという見解をとり、解釈改憲を容認しない。著書に『憲法的責任追及制論』など)

伊勢崎賢治(東京外大教授。「自衛隊を活かす会」呼びかけ人。近年、解釈改憲を容認する「九条護憲派」への批判を強めている。著書に『本当の戦争の話をしよう 世界の「対立」を仕切る』『主権なき平和国家』など)

井上達夫(東京大学大学院教授。法哲学者。リベラリズムの立場から護憲・改憲両派の欺瞞を厳しく糺し、「九条削除論」を提唱。著書に『リベラルのことは嫌いでも、リベラリストは嫌いにならないでください』『憲法の涙』など)

堀 茂樹(慶應義塾大学名誉教授。専門はフランスの文学と思想。デモクラシーの真贋を問い、批判的ヒューマニズムの立場から忌憚のない論評を発信。『問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論』など翻訳書多数)

今井 一(ジャーナリスト。専門は市民自治と直接民主制。衆参両院の憲法調査特別委員会に5度にわたり参考人、公述人として招致され、国民投票のルールや諸外国での実態について陳述。著書に『「憲法九条」国民投票』など)

[コーディネーター]
楊井人文(弁護士、日本報道検証機構代表。ウェブサイトGoHooを開設・運営)

第3章
パネルディスカッションの補足説明・解説

堀 茂樹
井上達夫
伊勢崎賢治
吉田栄司
伊藤 真
今井 一
楊井人文

関係資料

あとがき