Category Archives: お知らせ

1111月/14
DSC_0216

スコットランドから帰国して1ヶ月が経ちました。

皆様のおかげ様で、この一ヶ月、スコットランドについてお話をさせていただいたり、記事を書かせていただいております。今月、来月も関東中心ですが報告会がございますのでもし、ご興味ある方はお越し下さい。

しばけんの100%ブログより→http://shibaken612.blogspot.jp/2014/11/11.html

さて、今回は「スコットランド取材の裏話」を書いてほしいという依頼ですので、住民投票に関係ないことを少し書かせていただきたいと思います。

伝統料理ハギス

DSC_0216

 

羊の内蔵を使ったハギスというスコットランドの伝統料理、他の国から来ている人からすると、なかなか取っ付きづらい味だそうですが、日本人はホルモンとか、内蔵系の料理が大好き。僕もそのご多分に漏れず大好きなので、美味しく頂きました。 Continue reading

209月/14
海山町での住民投票(原発誘致の是非)

運営委員会のお知らせ

◆前代表の福嶋浩彦さんから「運営委員会をちゃんと開きましょう」という提案をいただきました。その提案に応えてのご案内です。

[1]ホームページをリニューアルし、好評を得ています。ただし、重大な問題が一つ。これまで十数年にわたって蓄積してきた「住民投票の動き」などをチェックし資料庫に加え反映させる作業が資金難による担当者不在で8月以降停止しています。これを誰が担うのか、外部に委託するとしたら、その費用はどうするのか?

[2]「スコットランドの住民投票」について、私たちの会の仲間、大芝健太郎さんが、現地に1ヶ月ほど滞在し、会のホームページに掲載する詳細なリポートを送ってくれます。彼の帰国報告会を催すのか?

そういった事柄をはじめ、幾つかの案件について意見交換したいと考えています。

運営委員ではない一般会員の方で参加したい人がおられれば、ぜひどうぞ。入会する可能性がある…という方もどうぞ。ただし、お越しになる方は、前日までに必ずメールで御連絡下さい。※大阪は当日の16時までならOK Continue reading

089月/14
tokyo20140829 0021

「スコットランド独立住民投票」渡航まであと5日となりました。

Zj6vXmR7_reasonably_small

10443309_674580972625547_8301995451854839246_n

 

 

 

 

 

[国民投票/住民投票]情報室をご覧の皆様

こんにちは。ジャーナリストの大芝健太郎と申します。

この度、スコットランドの「独立」住民投票の取材に行くにあたり、資金を集めるためにクラウドファンディングにも取り組みました。一時は達成も危ぶまれたのですが、情報室でご紹介いただいたことも大きな力となり無事に目標金額を達成することができました。本当にありがとうございます。大変お世話になりました。

※クラウドファンディングについてはこちら

さてスコットランドの住民投票は今、大変盛り上がっております。 Continue reading

188月/14
デモクラTVイラスト

「集団的自衛権の行使容認の是非を問う国民投票」について討論しました

9条をめぐる解釈改憲にどう対抗するのか?  8月16日、それを考える公開討論会が行われました。登壇したのは宮台真司さん想田和弘さんと私。

集団的自衛権の行使を認めるのか認めないのか、それを決めるのは安倍政権ではなく、主権者である一人ひとりの国民。したがって、この問題は国民投票によって決着すべきだという私の意見に対して、宮台、想田のお二人はどう反応されたのか。ご両人とも、基本的には国民投票の意義を理解し支持しているのですが、いくつかの理由で実施に「反対」、あるいは積極的に賛成できないという考えを示されました。

やりとりの詳細については、 Continue reading

138月/14
content_2d2febd91c72dc991fb8bb7705174f0ecdacc34a

スコットランド住民投票取材

[国民投票/住民投票]情報室 のHPを読んでくださっているみなさまへ

こんにちは。ジャーナリストの大芝健太郎と申します。

[国民投票/住民投票]情報室では、以前「スイスの国民投票」および「ベルリンの住民投票」についてレポートさせていただきました。※そのリポートは情報室の資料庫(ベルリン スイス)にあります

2011年以降、日本国内外の住民投票、欧州の国民投票の取材と発信を続けて来ましたが、今年9月、スコットランドのイギリス(イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4つのカントリーで成り立っている)からの独立をかけた住民投票が行われるにあたって現地取材を敢行することにしました。

Continue reading