Tag Archives: 憲法九条、

238月/18

「国民投票運動としてのテレビCM」に関するルール改善を図る議員連盟の発足に際して

「国民投票運動としてのテレビCM」に関するルール改善を図る議員連盟の発足に際して

8月29日、私たち[国民投票のルール改善を考え求める会]の要請に応える形で、衆参の国会議員有志が「国民投票運動としてのテレビCM」に関するルール改善を図る議員連盟(正式名称は当日に発表)を発足します。この発足の経緯・目的などはコチラに詳しく記しています。⇩⇩をクリックしてください。
「国民投票運動としてのテレビCM」に関するルール改善を図る議員連盟の発足に際して0824
国民投票運動としてのテレビCM放送はどうあるべきか?⇒[国民投票のルール改善を考え求める会]の提案0823版

発足に際して報道人や市民に向けて発表・説明する場を以下の通り設けます。

みなさま、ぜひお越しください。
日時:8月29日(水)16時~17時
会場:参議院議員会館 B104会議室

議員側から船田元、桜井充、山尾志桜里、杉尾秀哉、真山勇一氏らが出席。
市民側からは、堀茂樹、本間龍、宮本正樹氏らが出席します。

発足の経緯や目的、NHKおよび民間放送連盟への「懇談会」の申し入れなど今後の活動について、各議員から説明がなされます。

※取材及び傍聴希望者はお名前と電話番号を記し、Eメールで rule.of.ref@gmail.com宛てに8月27日24時までに申し込んで下さい。定数は35人。参加費・資料代として500円を徴収します。⇔申し込みは締め切りました。申し込まれていない方は会場に入れませんので御了解ください。

058月/18

テレビCMなどに関するルール改善を図る議連発足

国民投票時のテレビCMなどに関するルール改善を図る議員連盟が発足

市民グループ[国民投票のルール改善を考え求める会]の要請に応える形で、衆参の国会議員が与野党の枠を越えて、国民投票時のテレビCMなどに関するルール改善を図るべく議員連盟を今月29日に発足させます。そして、それを報道人や市民に向けて発表・説明する場を以下の通り設けます。みなさま、ぜひお越しください。

日時:8月29日(水)16時~17時
会場:参議院議員会館 B104会議室
船田元、桜井充、山尾志桜里、杉尾秀哉、真山勇一議員らが出席します。

発足の経緯や理由、目的、あるいは民間放送連盟への「懇談会」の申し入れなど今後の活動について、各議員から説明がなされます。

取材及び傍聴希望者はお名前と電話番号を記し、Eメールで rule.of.ref@gmail.com宛てに8月27日までに申し込んで下さい。定数は45人。参加費・資料代として500円を徴収します。
★これまで積み重ねてきた議論から導き出した私たちの基本的な合意を紹介します⇩⇩⇩

・国民投票時にテレビ、ラジオが流す賛否両派のCMに類するものをどう扱うのか。私たちの会のメンバーの中には「(投票日の2週間前から投票日までは禁止とする現行法を改正して)CMは改正案の国会発議以降全面禁止とすべし」という意見もあれば、「(現行法の当該規定はそのままで、投票日2週間前までは)完全に自由とすべし」という意見もあります。議論や意見交換を重ねる中、私たちは、自身の意見は保持しつつ、互いの意見の異なりを超えて必要かつ実現可能なルール改善を図ることで基本的に合意しました。それは、賛否両派のどちらかが一方的に有利あるいは不利にならないルール設定にすること。感性、イメージに左右されるのではなく、主権者の理性的認識を促すルール設定にすることです。
そこで、国民投票時にテレビ、ラジオが流す賛否両派のCMに類するものに関しては以下のような改善を求めることで合意しました。

・イギリスの実施事例に倣い、賛否両派が制作したCMを「同一時間帯に同一時間」流すルールにすべきだと考えます。このルールは与野党相当数の議員が賛同できるはずですが、現行法の改正という形をとるとなるとなかなか難しい。なので、民間放送連盟に属する民放各局やNHKが、自主的に「同一時間帯に同一時間」というルールを採用することを要望し実現させたい。そのために国会内で超党派の議連を立ち上げてもらい、その議連が民間放送連盟やNHKとの「懇談・意見交換」を重ねながら、前述のようなルール設定を自主的に採用するよう民放連やNHKに働きかけてもらうことにしました。

・8月29日の国会議員有志による議連発足は、そうした私たち市民の要請に応えるもので、今後、議連の内規や運営をどうするかについては、当然のことですが船田さんや櫻井さん、山尾さん、杉尾さん、真山さんら国会議員のみなさんが御自分らで決められること。私たちが口出しをするのは筋違いです。ただし、議連発足後も緊密な連絡をとり、手を携えてルール改善を実現させたいと考えています。広範な主権者・国民がこの問題への関心を強め、私たちの会や発足する議連とスクラムを組んで民放やNHKへの働きかけを強めることを期待します。憲法改正の国会発議⇒国民投票の実施までに残された時間はあまりありません。

 

194月/18

講演、学習会の御案内(5月)

講演、学習会の御案内(5月)

[9条問題の本質とは何か](今井一)
日時:5月20日(日曜日)14:00-15:30
会場:場所:ユーアイ帆っとセンター高砂(山陽電鉄高砂駅徒歩5分)

主催:9条の会たかさご
E-mail:khh20901@bb.banban.jp
※あと5~6人のみ参加可能です。

[9条改憲の発議⇒その是非を問う国民投票]これをどう捉え、どう向き合うべきか(今井一)
日時:5月13日(日曜日)13:30-16:00
会場:国分寺市西元町の山崎邸
主催:国分寺・市民憲法教室
詳細は⇒ 案内
E-mail:kenpokyoshitsu@gmail.com

232月/18
国民投票の総て

[9条改憲の発議⇒その是非を問う国民投票] これをどう捉え、どう向き合うべきか

 シンポジウム/
[9条改憲の発議⇒その是非を問う国民投票]

    これをどう捉え、どう向き合うべきか 

と き:3月30日(金)13:50~16時40分(17時20分~記者会見を行います)
会場:参議院議員会館 101号室
登壇者 伊勢﨑賢治、井上達夫、堀 茂樹、今井 一
コーディネーター 楊井人文

2018-03-18 11.10.50

13:50~14:15 NHK、MBSが報じた9条に関する「議論と模擬国民投票」の模様を流します14:15~14:20  コーディネーターよりシンポの趣旨と進行について説明

14:20~14:30  国民投票に関する疑問・懸念などを会場の聴講者より伺います。

─────────寄せられた疑問・懸念に答えつつ登壇者が15分ずつ語ります。
14:30~14:45  堀 茂樹
14:45~15:00  井上達夫
15:00~15:15  伊勢﨑賢治
15:15~15:30  今井一

15:30~15:40  休憩

15:40~15:50  聴講者より、登壇者の発言を受けての疑問や意見などを伺います。
15:50~16:30  それに触れつつ登壇者が語ります。
16:40    終了

17:20~ 記者会見
「私たちは呼びかける──9条改憲の是非を問う国民投票に主権者として向き合おう」

聴講希望者は、3月29日(木)までに下記宛てに、お名前、電話番号を記して申し込んでください。一般・報道に関わらず「資料代・参加費」として1000円(学生は500円)を徴収します。定員(70人)に達し次第申し込受付を終了します(3月18日現在、残席は22)。事前に申し込み手続きをとられていない方は、報道関係者であっても入場をお断りします。御了解ください。


[国民投票/住民投票]情報室
FAX:06-6751-7345/Mail:info.ref.jp@gmail.com

042月/18

[国民投票のルール改善を考え求める会]次回会合(20日)の御案内

2月20日(火)17時~ 参議院議員会館

当日16時45分に1階エントランスにて入館タグをお渡しします。参加および取材希望者は17日までに申し込んで下さい⇒info.ref.jp@gmail.com

立憲民主党の枝野幸男代表は、1月4日の記者会見で、憲法改正の国民投票法について「広告宣伝規制などで大きな欠陥がある。改正案の提出を視野に議論を進めたい」と述べ、「通常国会への改正案提出を目指す」と発言。そのことによって、メディアの関心が急速に強まっています。記事はコチラ

この際、はっきりと記しておきますが、私たち「国民投票のルール改善を考え求める会」は、1年半前の発足から一貫して(護憲あるいは改憲を目指すためではなく)公平かつ水準の高い国民投票を実現するために「ルール改善」を求めています。
ところが、ルールの不備を指摘する人や組織の中には、国民投票を否定したり、実施に反対したりするための理由としてこれを行なっている人たちが散見されます。立憲民主党がそうだとは言いませんが、例えば、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」といった団体などは、間違いなくそうです。
国民投票阻止、国民投票反対のためのパーフォーマンスではなく、本気で法改正を実現する気があるなら、立憲民主党は私たちの会合にも参加し「立憲案」ではなく、自民や公明の同意・賛同も得られる私たち「市民案」の国会提出(超党派での)を目指してほしい。

20日の会合では、「国民投票法の改正を求める議連」を立ち上げる議員の獲得に向けて、具体的な話し合いを行い、3月半ばには議連発足に漕ぎつけたいと考えています。